定年退職後、仕事に就けるのか?正社員就職の割合やシニアにおすすめを紹介

インタビューのお仕事、募集中!

定年退職後に今のように仕事に就けるのか?心配している人も多いはずです。正社員で勤務出来るのか?それともパート、アルバイト勤務になるのか。その選択によって人生100年プランは大きく変わってくると思います。

この記事では定年退職後の仕事について紹介すると伴に、おすすめの仕事なども併せて紹介していきます。

定年退職後、正社員で仕事をすることも出来る

定年退職後でも正社員で勤務することは可能ですし、実際に正社員として勤務している方も多くいます。

過去の記事(60代女性の仕事は何がおすすめ?パート、アルバイト、正社員雇用のメリット・デメリットを紹介)でも紹介しましたが、令和3年に内閣府が行った調査によると65歳~69歳の男性だと30%以上の人が正社員として勤務しています。また、同じ年齢の女性だと15%が正社員として勤務しています。

男女別、年利別正社員の割合

2013年、政府が改定した「高年齢者雇用安定法」によって定年の年齢が60歳から65歳に引き上げられました。ですのでここでは65歳以上、男女別で正社員の割合を紹介します。

男性の正社員割合

65歳~69歳:30.1%

70歳~74歳:26.1%

75歳~79歳:25%

女性の正社員割合

65歳~69歳:15.9%

70歳~74歳:17.8%

75歳~79歳:30%

面白いのは、男性は年齢が上がるにつれて正社員で働く人の割合が下がっていく一方で、女性は年齢が上がるにつれて正社員の割合が上がっていく点です。

定年退職後でも正社員で働く人は多い

労働者の割合は上記の通りですが、労働人口は減っていきます。しかし、定年退職後も正社員として働いている人は多く、働く企業や職種などを選べば正社員としての道はあるのが現状です。

人生100年時代。これから定年退職後でも、多くの人が働く時代がやってくると思います。

年々、高齢者の就業率は上がってきている

平成22年(2010年)の段階では65歳~68歳の就業率は36.4%でした。しかし、令和2年では49.6%の13.3%も上昇しています。69歳以上のすべての年代で就業率は上がっており、定年退職後も働いている人の割合は上がり続けています。

70歳~74歳の就業率:

平成22年(2010年)22% → 令和2年(2020年)32.5% 10.5%上昇

75歳~79歳の就業率:

平成22年(2010年)8.3% → 令和2年(2020年)10.4% 2.1%上昇

非正規雇用ならシニアを求める職場も多い

このように定年退職後でも就業率は上がっており、正社員だけではなくアルバイト、パートという非正規雇用という選択肢は増えています。また、人生100年時代で長生きする時代に突入している昨今、労働力を確保するためにシニアをターゲットに当てている企業も多いです。

役員を除く雇用者のうち非正規の職員・従業員の比率を男女別に見ると、男性の場合、非正規の職員・従業員の比率は60~64歳 で46.7%、65~69歳 で69.9%と、60歳を境に大幅に上昇している。

一方、女性の場合、60~64歳で74.9%、65~69歳で84.1%となっており、男性と比較して上昇幅は小さいものの、やはり60歳を境に非正規の職員・従業員比率は上昇している

正社員で勤務出来る人はの割合は減ってはいるものの、非正規(アルバイト、パート、派遣)などでの労働人口は増えているので仕事は沢山あると考えて大丈夫そうです。

おすすめの定年退職後の仕事

警備員や交通誘導員

警備員や交通誘導員は定年退職後の仕事しては人気で倍率が高い仕事になります。人間関係も最低限しか発生せず、特に必要な技術もありません。仕事を開始する前に研修があるので初心者でも始めやすいです。

交通誘導員の場合、夏は暑く、冬は寒い。雨の日は雨合羽を着て作業をすることも多いのでそういうのが辛い人には向いていませんので注意が必要です。

品出しやピッキング

品出しやピッキングも人気の仕事の一つです。ですが、重い荷物をもったりすることがあるので足腰に不安がある人には注意が必要です。フォークリフトなどの資格があると工場内で働くことが可能です。

ピッキングや品出しは正確性が求められるのそういう細かい作業が得意な人には向いている仕事になります。

接客業

飲食店、コンビニなどは人材を求めている所が多いのでシニアにも人気の職場です。男性には人気のない仕事かと思いますが、最近はチェーンの飲食店でもマニュアル整備や機械の導入によりシニアでも働きやすさが整っています。人とのコミュニケーションが得意な人には楽しい職場になると思います。

ネット記事の投稿

新聞の購読者投稿欄や○○川柳などのように、ネット記事を書いてお金をもらう仕事が増えてきています。文章を書くことが得意だったり、自分が感じていることを共有したい人などにはオススメです。1円1円~という所もあるので新しいことを始めたい人にはおすすめです。

定年退職後も働くことでボケ防止など健康を維持できる

仕事をすることは健康を維持する効果があります。仕事を定年退職して家に入るともてあます時間を有効活用できない人も多いです。趣味に没頭する、友人とコミュニケーションを積極的に行わないと家で過ごす時間が増えてしまいます。

仕事をするとお金を得られることだけではなく、いいことがあります(もちろん大変なこともありますが)。是非、自分にあった仕事を見つけ、人生100年時代を健康に過ごしていきましょう。

オトナキカクでは記事を書いてくれる人を募集しています

このサイトにあなたの記事を投稿してみませんか?もちろん無料ではなく、仕事の募集です。

こんな人におすすめ!

  • 文章を書いてお金を稼ぎたい
  • 自分の考えや価値観を共有したい
  • 自分と同じ様に困っている人の助けになりたい
  • 新しい仕事にチャレンジしたい

webで文章を書いたことがない人でも大丈夫です。是非このオトナキカクであなたの人生や感じてきたことを共有ください!

 

「かまなくてよい」市販の美味しい介護食・流動食のおすすめ

ユニバーサルデザインフードの区分である「かまなくてよい」。 「噛む力・飲み込む力」が弱っている方向けでユニバーサルデザインフードの区分だと一番下の介護食です。 ほぼ液状でとろみがついているので流動食になります。 さらに詳しく:ユニバーサルデザインフードとは 「かまなくてよい」前後の区分 「かまなくてよい」介護食・流動食より、更に柔らかいユニバーサルデザインフードの区分はありません。 ユニバーサルデザインフード以外でしたら嚥下訓練食と言われるものがありますが、これらは病院などで使用されている区分です。 です ...

ReadMore

70代にiPhoneはオススメか?シニアにおすすめの最適なスマホを考える

世の中には様々なスマホがあり、どのスマホなら70代でも使いこなせるか悩んでいる人も多いと思います。 らくらくフォンなどシニア向けに作られているスマホもあるので、そっちを使った方が良いかもしれない…とスマホ選びに難航している人もいるはず。 この記事では日々、多くの50代~80代と接している私たちオトナキカクが最適なスマホを提案します。この記事のポイントは以下の通り。 スマホは2種類!iPhoneかAndroidのどちらか スマホは基本的にはiPhoneとAndroidの2種類あります。何が違うかと言うと、中 ...

ReadMore

アサヒ:白身魚と根菜の炊きこみごはんのレビュー・口コミ|歯ぐきでつぶせる市販の介護食・やわらか食

今回はアサヒグループ食品から販売されている市販の介護食、「白身魚と根菜の炊きこみごはん」を実際に食べてみました。 ユニバーサルデザインフード(UDF)の区分でいうと「歯ぐきでつぶせる」。 介護の食事、食事介助や作った食べ物を食べてくれない人など、実際の介護の現場困っている人の助けになる市販の介護食です。 介護食の分類と選び方はこちら 歯ぐきでつぶせる介護食の特徴: 美味しさ、量、価格、栄養素を総合的に評価しておすすめ度を掲載しています。 介護の食事を検討している人の参考になれば参考です。 \ 食事の固さ診 ...

ReadMore

高齢者シニアにオススメの趣味と過ごし方|自分の親に勧めたい年代別50代、60代、70代、80代向け

人生100年と言われる時代が到来した現在、充実したシニアライフを送るためにどうすべきかが問われています。現役を引退してからも、楽しく生きいきとした毎日を過ごす鍵となるのは、楽しめる趣味です。そこで、各シニア世代におすすめの趣味をピックアップして紹介していきます。 高齢になるとなぜ趣味が大切なのか? 年を取るにつれて人は新しいことにチャレンジしなくなる傾向があります。今までの長い人生経験の中で、新しい何かをすると「あぁ、これはこうなって…」と予想がつくようになってしまうからです。 仕事を退職し、子供の手が離 ...

ReadMore

アサヒ:親子丼風レビューと口コミ|歯ぐきでつぶせる市販の介護食・やわらか食

今回はアサヒグループ食品から販売されている市販の介護食、「親子丼風」を実際に食べてみました。 ユニバーサルデザインフード(UDF)区分だと「歯ぐきでつぶせる」に分類され、介護食では2番目の固さの食事になります。 「噛む力や飲み込む力が衰えてきて、しっかり気を付けたい」という人におすすめの市販の介護食です。 今回の分離は歯ぐきでつぶせる 介護食の分類と選び方はこちら 歯ぐきでつぶせる介護食・流動食の特徴: この記事は実際に「親子丼風」を食べた商品レビューです。 「美味しさ」「量」「価格」「栄養素」を各5点満 ...

ReadMore

自宅での介護食作り方と注意点

 噛む力・飲み込む力が弱ってきた人が今までと同じ食事(以下、常食)をするのは誤嚥のリスクが上ってしまいます。以下の様な症状がある人は、常食からやわらかい食べ物や小さく刻まれた食事(介護食など)を食べることをオススメします。 簡単なチェックですが、上の6つの項目に1つでも当てはまる場合は、常食から「噛む力・飲み込む力が弱っている人」向けの「介護食」や「やわらか食」に食事を変更しましょう。 介護食を自宅作る時の注意点  介護食の作り方を紹介する前に、介護食を自宅で作る時の注意点を紹介していきます。  介護施設 ...

ReadMore

高齢者がパンを誤嚥する原因とおすすめ出来ない理由!シニアの食事を考える

高齢者が食べ物を喉に詰まらせ死亡してしまうことがあります。 年末年始に餅を詰まらせて亡くなるニュースを聞いたことがある人も多いと思いますが、実は餅だけではなくパンも高齢者には詰まりやすいので気をつけなければいけません。 喉に食べ物を詰まらせてしまう原因はいくつかあり、高齢者の場合は「噛む力・飲み込む力の低下」「体の後屈など食べる姿勢の変化」が挙げられます。 どれも重ねると起きることで、「体の変化」と「パン」が合っていなことで喉に詰まらせてしまう可能性が高いです。 高齢者が食べ物を喉に詰まらせてしまう原因 ...

ReadMore

70代で健康で元気な人の特徴10選|年をとってもいきいき生きるために必要なこと

人生100年時代と言われている現在。 ― 「健康で楽しく長生きすること」の重要性が高くなってきています。 私たち介護食Zの周りには「足腰も強く健康で生活する70代の方々」が多くいます。それでも長く生きると体のどこかに問題や不安を抱えている人が多いですが、とにかくパワフルです。 今回は70代でも健康で元気な人たちがどんな風に生活をしているかのか ―。 私たちが関わっている数百人の方々の特徴を紹介していこうと思います。 日本は超高齢者大国 日本は諸外国と比べても超高齢大国です。65歳以上の割合は2019年で1 ...

ReadMore

アサヒのレトルト介護食「京風五目豆」|舌でつぶせる市販やわらか食

今回の区分は「舌でつぶせる」 「京風五目豆」はユニバーサルデザインフードの「舌でつぶせる」に分類されています。 見た目がより一般食に近いのは「歯ぐきでつぶせる」。ペースト状に近づき、更に柔らかい区分は「かまなくてよい」という区分になります。 ユニバーサルデザインフードの区分では4つの分類の中で2番目にやわらかい区分です。 介護食の分類と選び方はこちら 舌でつぶせる介護食・流動食の特徴: なぜ自分に合った食べ物の固さが大切なのか? 食事の固さが合わないと、食事中にむせることが多くなり、「誤嚥性肺炎」のリスク ...

ReadMore

「親の介護」と「自分の仕事」の両立する方法は無理をしないこと!便利なサービスを使うのがコツ

人生100年時代と言われ、世界的にも長寿化してい日本。日本の平均寿命は女性で87.5歳、男性で81.64歳と言われています。 健康で長生きして介護が必要がなければ何も問題にはなりませんが、長生きをすることで親の介護が必要になってくるケースは非常に多いです。 親の介護をするのは非常に胆力と資金が必要になってきて、自分の仕事を辞めて介護を続けるのか判断しないといけない人もいます。 そこで今回は「親の介護と自分の仕事の両立」方法を詳しく追っていこうと思います。 オトナキカクとしては「仕事を続けながら親の介護をし ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

insiru

「高栄養で食べやすい無添加スープ」の開発をしている株式会社インシルが運営。1食で65歳以上の女性が1日に必要な30種類の栄養素をバランスよく摂取可能。介護食の基準を採用し、野菜がゴロゴロ入っているスープに仕上がっている。
運営会社はこちら