キユーピーのレトルト介護食「おじや 牛すき焼き」|歯ぐきでつぶせる市販やわらか食

インタビューのお仕事、募集中!

今回はキユーピーから販売されている、市販のレトルト介護食「おじや 牛すき焼き」の詳細レビューです。

ユニバーサルデザインフード(UDF)区分だと「歯ぐきでつぶせる」に分類され、介護食では2番目の固さの食事になります。

「牛肉、玉ねぎ、豆腐入りのすき焼き風おじやを卵でふんわりとじて仕上げ1品です。

「噛む力や飲み込む力が衰えてきて、しっかり気をつけたい」という人におすすめの市販の介護食です。

*前後のキユーピー製品

←KP07おじや鶏ごぼう

KP08
おじや牛すき焼き

KP09→
けんちんうどん

※番号は介護食Zの独自番号

今回の区分は「歯ぐきでつぶせる」

← 容易にかめる 歯ぐきでつぶせる 舌でつぶせる →
←更にかたい ここの区分 更にやわらかい→

「おじや 牛すき焼き」はユニバーサルデザインフードの「歯ぐきでつぶせる」に分類されています。

見た目がより一般食に近いのは「容易にかめる」。
材料がより細かくなり見た目もペースト状に近づくのは「舌でつぶせる」になります。

固さは、歯ぐきでつぶせると比べると「容易にかめる」の方が固く、「舌でつぶせる」方が柔らかいです。

歯ぐきでつぶせる介護食・流動食の特徴:

噛む力の目安 かたい物や大きい物はやや食べづらい
飲み込む力の目安 ものによっては飲み込みづらいことがある
固さ目安 ごはん やわらかごはん~全がゆ
たまご 厚焼きたまご
肉じゃが 具材小さめやわらか肉じゃが

>「歯ぐきでつぶせる」介護食・流動食のおすすめこちら

なぜ自分に合った食べ物の固さが大切なのか?

食事の固さが合わないと、食事中にむせることが多くなり、「誤嚥性肺炎」のリスクが上ってしまいます。

あまり知られていませんが、65歳以上の死因第4位は肺炎です。そしてその内の半分が誤嚥性肺炎で亡くなっています。
70歳以上になると更に増え、肺炎の70%以上が誤嚥性肺炎です。80代になると死因第3位に肺炎が入り、その内の8割は誤嚥性肺炎です。

誤嚥性肺炎は発症してから2年以内の死亡率が50%以上。これは進行性のがんと同じくらい死亡率が高いです。

健康で過ごすために自分に合った食事の固さを知り、すこしずつ食事を見直していきましょう。

自分に合った食事の固さが分かる簡単な診断を作ったので、是非この機会に自分に合った食事の固さを調べてみてください。

食事の固さ診断はこちら

あなたに合った食事の硬さ診断

今回紹介する介護食はこちら

歯ぐきでつぶせる「おじや 牛すき焼き」の商品概要

基本情報

商品名おじや 牛すき焼き
メーカーキユーピー
UDF区分歯ぐきでつぶせる
学会分類コード4相当
容量160g
価格206円
形状レトルトパウチ
調理方法湯せん・電子レンジ

調理方法はお皿に移しての電子レンジがオススメです。湯せんの場合、非常に熱く火傷する恐れがあります。熱くなってからの封を切るのは危ないので注意してください。

原材料名

米(国産)、たまねぎ、鶏卵、牛肉、豆腐、しいたけ、しょうゆ、植物油脂、米発酵調味料、砂糖、ポークエキス、コラーゲンペプチド、食塩/
増粘剤(加工でん粉、ペクチン)、卵殻カルシウム、調味料(アミノ酸等)、豆腐用凝固剤、(一部に卵・乳成分・小麦・牛肉・大豆・豚肉・ゼラチンを含む)
「/」以降が食品添加物

栄養素

エネルギー:
149Kcal
たんぱく質:
6.1g
脂質:
6.1g
炭水化物:
18.0g
食物繊維:
1.0g
食塩相当:
1.3g
ナトリム:
498mg
カリウム:
106mg
カルシウム:
106mg
リン:
90mg
鉄:
0.8g
水分:
128.2g
灰分:
1.8g
賞味期限:
19ヶ月

アレルギー

乳製品小麦牛肉大豆
豚肉ゼラチン

詳細はこちら

「おじや 牛すき焼き」の画像

料理の見た目と香りなど

すき焼きの甘い香りが封を開けるとしてきます。
ほのかに卵のいい香りもしてきます。牛すきの甘いタレを彷彿とさせ、香りはすき焼きとしての完成度が高そうな予感。

見た目はすき焼きの肉を肉を卵につけて食べることをイメージしてか、トロトロ卵が入っています。この卵はおすすめ度が高かったおじや親子丼風の卵に似ています。細かく刻まれたシイタケと牛肉が確認できます。

色味はすき焼きのたれを使っているので全体的に茶色になっています。にんじんのような鮮やかな野菜が入っていないので色味はあまり良くはありません。認知機能がしっかりしている人からしたら少し食欲がそそらないかもしれません。

香りがしっかり美味しそうなので期待大です。

ページ下部に実際に食べている映像がありますので、見た目や柔らかさを参考にしてみてください。

1食で補える栄養素の割合

1日に必要な栄養素に対しての摂取栄養率
例100%MAX
100%
エネルギー
10.64%
たんぱく質
11.51%
脂質
16.94%
炭水化物
8.74%
食物繊維
5.88%
ナトリウム
7.66%
カリウム
4.08%
カルシウム
17.67%
リン
11.25%
13.33%

※ 日本人の食事摂取基準(2020 年版)から栄養素を算出
※ 75歳の女性 身体活動レベルⅠを適用。自宅にいてほとんど外出しない者、高齢者施設で自立に近い状態で過ごしている方が基準
※ 同じ年代の男性でも推奨摂取量は大きくは変わりません
※ 介護を受けている人によっては摂取基準量よりも下回ることもあるので目安値として参考にしてください

※ 詳細はこちらのページをご確認ください

「おじや 牛すき焼き」の評価とレビュー

  • おすすめ度
    2.75
  • 美味しさ
    2.5
  • 価格
    3
  • 2.5
  • 栄養素
    3

\ クリックで切替え /






美味しさ:2.5点

正直、美味しくない。
介護食の牛すき、すき焼き系は、全部この味がする。甘ったるい醤油の風味を感じられそして苦い。本当に苦い。
添加物なのかなのか分からないが、本当に独特の苦さがあって食べるのが億劫。(恐らく食品添加物のアミノ酸だろうと予想)
同じ区分の「歯ぐきでつぶせる」の親子丼風まで行かないが、卵がトロトロ、しいたけ、たまねぎが刻まれていて、具材の美味さを感じられる。
しかし、それをまとめている味付けの苦さが全て台無しにしている。 残念でならない。
苦味を抑え、具材の旨味と醤油の香ばしさを引き立たせれば本当に美味しいすき焼きになると思う。

価格:3点

100gで206円。この価格帯は介護食の中でもトップクラスに低価格。値上げにより195円から206円に。
それでも介護食の中では低価格。介護食のパイオニアとして、色々試行錯誤をしてこの価格になっていると予想できる。
企業努力が感じられる。
しかし、味が美味しくないのと量とのバランスで決してコストパフォーマンスがいい商品だとは思えない。

量:2.5点

ごはん系の介護食なので160gはボリュームがある内容量になっている。量だけみると満足度が高そうだが実際食べてみると評価が変わる。
味とのバランスが良くないので、星3を切ってしまった。
具材はトロトロ卵、豆腐、玉ねぎ、シイタケで色々入っているが、タレで野菜の感じが弱くなっている。
シイタケのコリコリと香りが際立っているが、この量を最後まで食べるのはなかなか難しいと思う。

栄養素:3

推奨摂取栄養素の内、飽和脂肪酸を抜かした10種類摂取可能(31種類中)
含まれている栄養素のバランスが非常にいい。本当は星3.5でも良いくらい。
なぜ3にしたかと言うと、同じ栄養素の摂取割合が高い介護食が実際にあるので、それより劣ってしまっているため。
アサヒの介護食で同じ「歯ぐきでつぶせる」の商品は栄養素のバランスがいい。
しかし、この「牛すき焼き」もカルシウム、リン、鉄は推奨量に対して1食で10%越とかなりいい数値になっている。
カリウムと食物繊維がもう少し高ければ、なお良し。
各栄養素の役割と効果はこちらのページへ

おすすめ度とまとめ

おすすめ度:2.75点

最終的なおすすめ度は2.75点という結果になりました。
3以下なのであまりオススメはしませんが気になる方は購入してみてはいかがでしょうか。

味については、やはり介護食のすき焼き系はハズレが多いという結果になります。甘みがあるのはすき焼きの味を再現しようとしているのでいいとしても、苦味がかなり強いです。この苦味は添加物のアミノ酸かもしくは、豆腐用の凝固剤(にがりに似た成分)の可能性が高いです。
介護食の場合、タレが美味しさのパラメーターになり、タレと素材の相性が肝です。

量も具材がそこまで多い物ではないので、お腹にたまりづらいかもしれません。とろみがついていて食べやすいんですが、食べた後の満足感が低いです。

栄養素は介護食の中ではいい方です。カルシウム、リン、鉄が推奨量に対し10%摂れるのは大きいです。食物繊維、カリウムがもう少し取れればかなりすごい栄養素の介護食でした。

どちらにしても、介護食で大切なので誤嚥しづらく、そして美味しいかです。この商品は誤嚥しづらいかもしれませんが、もう少し改良が必要かもしれません。

動画で見る歯ぐきでつぶせる「おじや 牛すき焼き」の特徴

現在

動画作成中

動画では実際にキユーピーの「おじや 牛すき焼き」を食べて特徴を説明しています。
画像では分からない介護食のサイズ感、実際の料理の雰囲気が分かるのでおすすめです。

このチャンネルでは本当に美味しい介護食を実際に食べて探しています。市販の介護食をすべて食べ、美味しい介護食を探す予定です。
その他シニア向けのお弁当サービスなどもレビューしていきます。

是非、チャンネル登録よろしくお願いします!

どこで購入できる?

キユーピーの介護食は全国のスーパー、ドラッグストアで販売されています。

ただし、店舗によって取り扱いが変わってきます。キユーピーの介護食を都内で探し歩きましたが、アサヒの介護食しか見つかりませんでした。
取扱いのある店舗が近所にあれば、色々試せるのでそちらで購入するのが便利です。

キユーピーの製品は全国的にも多くの店舗で販売されています。しかし、近所に見当たらない場合はネットで購入するのがおすすめです。価格もネットの方が安い場合もあります。

ネット購入が最安値!詳細はこちら

食事の固さ診断

誤嚥しづらく
飲み込みやすい食事が分かる

あなたに合った食事の固さが分かります。食事を選ぶ時に参考にして下さい。

固さ診断はコチラ

お得な情報をお届け

介護食Z
公式LINEアカウント

介護食・流動食に関する最新情報や、LINE友だち限定のお得なクーポンを配信します。

友だち追加

 

在宅介護に疲れた時は「共倒れ」しないように自分を大切にすること

在宅介護は介護者が被介護者と接する機会が多いゆえに、介護疲れを常に感じることが多いです。 介護疲れは我慢し過ぎると介護者が体調を崩してしまい、最悪共倒れしてしまう恐れがあります。 大切なことは「介護者である自分の体と心」を守り、被介護者と共存していくことです。 在宅介護と施設介護の違い 在宅介護と施設介護の違いを見ていきます。 在宅介護は家で過ごしながら、介護サービスを受けることを言います。 デイサービスを利用しても生活の拠点が家である場合は在宅介護に分類されます。 家で過ごす時間が多い:在宅介護施設に入 ...

ReadMore

「耳が聞こえづらい」その原因と対処方法を紹介 それ難聴かもしれませんよ?

耳が聞こえづらい原因は様々です。加齢による加齢性難聴。突然片耳が聞こえなくなる突発性難聴。ストレスや疲労による難聴や耳鳴り。実は多い耳垢が溜まっていて音が聞こえていないなど、この記事では聞こえづらさの原因と対処法を紹介します。また難聴を放っておくと耳が聞こえなくなることもありますので注意が必要です。

ReadMore

難聴とは?シニアが気をつける病気と健康問題

難聴はシニアの健康を脅かす重大な病気です。 難聴になることで周りとのコミュニケーシがとりづらくなり、聞こえないことで周りから怒られ、自分も聞こえないことで人とのコミュニケーションを避け始めます。 疎外感を感じ、引きこもり、認知症などの病気に発展するケースも考えられます。今回はそんなシニアの問題になっている難聴について紹介します。 難聴の割合は「60代前半で5人に1人」、「60代後半で3人に1人」、「75歳以上で7割」 一般的に人間の聴力は30代から緩やかに衰えていき、50代後半くらいで音の聞こえづらさを実 ...

ReadMore

70代で歩けないのは介護の一歩手前|健康でいるためにやるべきこと

70代だけど、最近全然歩けなくなってきたこのまま歩けなくなったらどうしよう… 介護になったら嫌だし、何か対策できることはないかな。もっと出歩きたいな…  70代で「歩けない」もしくは「歩くのが厳しい」と日々時間している方は介護の一歩手前であると考えられます。これは脅しではなく、この記事を読んだ後から対策をする必要があるくらい、筋力が弱っています。  もしかしたら、数日後、数か月後には骨折転倒から介護が必要になったり、歩かないことで体が弱り、内臓器官が弱ることで食欲低下からの低栄養。その後寝たきりというパタ ...

ReadMore

ハウスレトルト介護食「クリームシチュー」レビュー|かまなくてよい市販の流動食/やわらか食

今回はハウスから販売されている市販のレトルト介護食「クリームシチュー」の商品レビューです。 ユニバーサルデザインフード(UDF)区分だと「かまなくてよい」に分類され、介護食では一番やわらかい食事になります。 「自分の噛む力・飲み込む力」に合わせて商品を選んで下さい。 「水やお茶が飲みづらく、固形物が小さくても食べづらい」人におすすめ区分です。 見た目はほぼペーストで流動性がある液体に近いので、流動食を探している人の候補にもなります。 この記事はハウスから市販されているレトルト介護食「クリームシチュー」を詳 ...

ReadMore

低音の耳鳴り「ボー・ブーン・ドクドク」の原因と治し方・対策方法を紹介

低音の耳鳴り、特に「ボー」「ブーン」「ドクドク」などの音がして困っている方からの相談をよく頂きます。今回の記事では耳鳴り、特に低音の耳鳴りについて詳しく解説していきます。 低音の耳鳴りがする場合、疑うべき病気は3種類。「メニエール病」、「突発性難聴」、「低音障害型感音難聴」。また原因と治療法、対策方法も併せて紹介します。 低音の耳鳴りが起きる原因 低音の耳鳴りが起きる原因はストレス、疲労(追われるような忙しい毎日)、睡眠不足、運動不足が原因と言われています。ストレスにより耳の一部の機能が働きづらくなるため ...

ReadMore

アサヒのレトルト介護食「鶏だんごの甘酢あんかけ」|容易にかめる市販やわらか食

今回の区分は「容易にかめる」 「容易にかめる」前後の区分 アサヒの「白身魚だんごのかきたま」はユニバーサルデザインフードの「容易にかめる」区分に分類されています。 介護食の中では見た目が一番、一般食に近い食事形態です。更に柔らかく、細かく刻まれている区分は「歯ぐきでつぶせる」という区分になります。 ユニバーサルデザインフードの区分では4つの分類の中では1番一般食に近い区分です。 介護食の分類と選び方はこちら 容易にかめる介護食・やわらか食の特徴: なぜ自分に合った食べ物の固さが大切なのか? 食事の固さが合 ...

ReadMore

シニアが不足しがちな栄養素!年を取ったら粗食はやめよう

年を取ると食欲が減り、食事の量が減ってしまいます。食べることは生きること。年を取った時こそ食べる物を気を付け、食事の量を増やすことが大切です。 今回はシニアの食事で足りていない栄養素を説明するとともに、栄養が足りないことで起きる健康被害を紹介していきます。 シニアが不足しがちな栄養素 日常生活で不足しがちな栄養素はたんぱく質、食物繊維、ビタミンD、ビタミンB6/ビタミンB12、カルシウム、亜鉛です。これらは年を取るにつれて接触的に摂取すべき栄養素でもあります。 たんぱく質 たんぱく質は五大栄養素の一つで、 ...

ReadMore

「歯ぐきでつぶせる」市販の美味しい介護食・やわらか食のおすすめ

ユニバーサルデザインフードの区分である「歯ぐきでつぶせる」。 「噛む力・飲み込む力」少し弱ってきた方向けの食事の固さで、2番目に固い介護食になります。 さらに詳しく:ユニバーサルデザインフードとは 「歯ぐきでつぶせる」前後の区分 「歯ぐきでつぶせる」介護食より柔らかいのは「舌でつぶせる」。より一般食に近いのは「容易にかめる」になります。 自分に合った食事の固さが分からない人は食事の固さ診断がおすすめです。 ユニバーサルデザインフード「歯ぐきでつぶせる」とは 「歯ぐきでつぶせる」市販の介護食一覧 おすすめ度 ...

ReadMore

退職後の女性におすすめの趣味|作業療法士目線で体力が落ちても出来る趣味を紹介

突然ですが、あなたは何歳まで働きたいでしょうか。 「定年まで働ききって、もう仕事はしたくない」とか、「いったん定年を迎えても、何か仕事をしたい」など、働くことについての考えは人によって様々です。 退職は、人生の中でも大きなイベントです。環境変化や収入の減少に不安を覚える人も少なくありません。平均寿命が延びている今、社会とのかかわりやつながりが減ることは心理的にも影響があります。 健康寿命という考え方があります。これは、「ある健康状態で生活できることができることが期待される平均期間」を表します。健康の定義は ...

ReadMore

  • この記事を書いた人

insiru

「高栄養で食べやすい無添加スープ」の開発をしている株式会社インシルが運営。1食で65歳以上の女性が1日に必要な30種類の栄養素をバランスよく摂取可能。介護食の基準を採用し、野菜がゴロゴロ入っているスープに仕上がっている。
運営会社はこちら